レンタルバスと貸切バスの比較

大人数で移動する場合の交通手段として、バスがあります。
レンタルバスと貸切バスの比較を行ってみました。

まずレンタルバスの場合、運転免許証の種類によって、運転出来る車種が異なります。
「普通自動車免許」で運転出来るのは、定員10人乗りまでのミニバスタイプまでとなっています。定員11人以上29人未満のマイクロバスは、「中型免許」以上の免許が必要になります。

もちろん運転は自分たちの中の誰かがするので、免許を持っている人がメンバーにいるのが大前提になります。
ドライバーになった人だけお酒を飲む訳にはいけませんし、疲れていたとしても眠ったりもできません。
ドライバーを引き受けた人にとっては大きな負担となってしまいます。
また、レンタル料金にはガソリン代や高速料金が含まれていないため、別途コストとして見積る必要があります。

次に貸切バスの場合は、なんといっても運転の必要が無いことが最大の魅力です。
誰かに負担を強いることなく、全員が楽しめます。しかし、ドライバーさんの人件費が別途かかるため、レンタルバスを比較して割高であることも事実です。

できるだけコストダウンをするため、複数会社に相見積りを取ってみましょう。
一括見積り依頼サイトの使用が便利ですので、是非利用してみてください。

新着情報

2016年12月01日
ホームページを更新しました。